着物を着てお出かけしよう!着物の初心者さんでも着物をについてわかる「着物とりっぷ」

着物の値段相場はいくら?【種類・購入場所別】金額の注意点や安く買う方法を紹介

高価なイメージのある着物ですが、値段相場はご存じでしょうか?

着物は購入する場所や着物の種類によって、ある程度相場が決まっています。

この記事では着物の値段相場と、安く購入するポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

着物の値段相場とは?

お金と電卓

着物の平均価格や、値段の違いについて解説します!

着物の平均価格は最低30万円程度

着物の平均価格は、小物や帯を含めたフルセットで30万円程度です。

着物は種類や製法によって価格が大きく変わるため、物によっては数万円程度で済む場合もあります。

中には着物だけで数百万することもあるので、あくまでも参考価格として覚えておきましょう。

着物の値段における注意点

着物の値段は、製法や買う時の状態によって大きく変わる点に注意が必要です。

どのような注意点があるかみていきましょう。

仕立てる前後で値段が変わる

着物は着られるように仕立てる前と後で値段が変わります。

仕立てられる前の段階の着物を「反物」と呼び、反物を購入した場合はその後別料金で仕立てる場合がほとんどです。

反物の値段は製法や生地の質によってピンからキリまであります。

染め方によっても値段が変わる

着物は生地の模様の付け方によっても値段に差が出ます。

機械を使ってプリントする方法や、型紙を使用する型染めで作られた着物は比較的安価で販売されています。

手描きの着物は100万円を超える場合もあるので、着物選びの際は生地の染め方もチェックしてみましょう。

【種類別】着物の値段相場

着物女性の足元

着物には振袖や訪問着のようにいくつか種類があります。

種類ごとの大まかな値段相場を見ていきましょう。

振袖

振袖の平均相場は20万〜40万円ほどです。

成人式や結婚式で着る華やかな着物であり、他の着物よりも上質な生地で高額となりやすいでしょう。

着る機会が少ない着物のため、小物類も含めてレンタルで着る方も多いです。

留袖

留袖の平均相場はおおよそ30万〜70万円ほどです。

留袖には既婚者が着る”黒留袖”と、未婚者も着られる”色留袖”があります。

留袖は結婚式などお祝いの場で着られる格の高い着物であり、購入にはそれなりの価格が必要です。

訪問着

訪問着は留袖の次に格の高い着物であり、平均相場は10万〜50万程度となっています。

訪問着は既婚・未婚や年齢を問わず、どのようなシーンでも着られるため、比較的安価な物も多い着物です。

色無地・付け下げ

色無地や付け下げの値段は10万〜40万円ほどです。

付け下げは訪問着の次に格の高い着物でセミフォーマルな場に、色無地は普段使いやカジュアルに着られる着物です。

色や柄がシンプルなものが多く、比較的安価に購入可能な着物となっています。

小紋・紬

小紋や紬は5万〜20万円と手ごろに買えるものが多いです。

普段着使いに着られる着物であり、ちょっとしたお食事会にも使えます。

カジュアルに着る着物であり、造りもシンプルなものが多いため、手ごろな価格で販売されています。

【購入場所別】着物の値段相場

呉服屋

着物は購入する場所によっても価格が大きく変わります。

購入場所ごとの相場を見ていきましょう、

呉服屋・着物専門店

着物専門店や呉服屋の着物は20万〜200万円ほどで販売されています。

高級品を取り扱う店もありますが、手ごろな価格の着物も置いてあるため、初心者でも訪問しやすいでしょう。

専門知識を持ったスタッフが仕入れや販売を行っており、安心して着物を購入できますよ。

着物チェーン店

チェーン経営の着物店では、10万〜30万程度の比較的安価な着物を取り扱っている店が多いです。

手描きや手織りではなく、プリントや型染めの着物を中心に取り扱っており、価格を抑えています

初心者やカジュアルに着物を楽しみたい方、費用を抑えたい方におすすめの購入先です。

デパート

デパートの相場は20万〜500万円と、幅広い価格帯の着物を取り扱っています。

デパートにはさまざまな人が訪れるため、豊富な種類と価格帯の着物を販売しています。

質が良く高価な着物も多く取り扱うため、手描きの着物が欲しい方におすすめです。

通販サイト

通販サイトで取り扱う着物は安価なものが多く、5,000円〜10万円程度で購入可能です。

仕立て済みでプリントの着物が多く、安価な分、色や柄のレパートリーが限られる点に注意しましょう。

サイズも限られるうえ、手元に届くまで自分の体格に合うかわからないのが難点です。

レンタル着物は手軽でおすすめ

「着物は好きだけどたまにしか着ない…」「着るのは好きだけど購入するほどでは…」

そんな方にはレンタル着物店で1日〜数日レンタルするのがおすすめです。

質のいい着物をヘアセットや小物込みでレンタル可能であり、安く着物を楽しみたい方にはうってつけと言えるでしょう。

着物は中古で安く買える?

「新品は高価だし、中古で買えないかな?」と思う方もいるのではないでしょうか。

中古の着物の購入について解説していきます。

リサイクル着物・リユース着物として販売されている

中古の着物は買取の後、クリーニングされリサイクル着物やリユース着物として販売されます。

クリーニングや補修が済んでいるため、中古とはいえ綺麗に着られるものが多く販売されていますよ。

長年使用されていたものから、未使用品やほとんど着られていないものまで、価格を抑えて購入可能です。

リサイクル着物は相場よりも安く購入可能

新品では数十万〜数百万円する着物が、リサイクル着物なら数万〜数十万円で買える場合があります。

また、未使用品がリサイクル扱いで販売されていることもあるため、新品同様の着物を安く購入できる可能性も。

「新品には手が出せないけど人が着た着物はちょっと…」という方にはおすすめの購入方法です。

リサイクル着物を買う時の注意点

リサイクル着物はあくまでも中古品であり、人が使用したものに抵抗がある方には向いていないでしょう。

汚れや補修しきれないキズ、色や柄の褪せがある場合もあり、ある程度の割り切りが必要です。

リサイクル着物を購入する場合は値段と状態をよく確認して購入してください。

普段着として使用するのがおすすめ

中古品であり安価で購入できるリサイクル着物は、普段着で使用するのがおすすめです。

新品や高価な着物と違い気楽に着まわせるため、日常的に着物を楽しみたい方にうってつけといえるでしょう。

まとめ

着物の値段は購入する場所や生地の質、着物の種類によって差があります

定価がないため、自分の着たい種類や柄と値段を照らし合わせて購入することが重要!

決して安い買い物ではないため、色々な場所を回って納得できる値段の着物を見つけてくださいね。